« 初ブログ。 | トップページ | ヨークシャ・テリアの赤ちゃん予約受付中。 »

2006年6月26日 (月)

うちのラビ。

ウェルシュ・コーギー、この種類の特徴をご存知ですか?

他種との決定的な違いは、尻尾の無いおしり。です。通常、生れて間もない頃に断尾してしまいます。

コーギー関連書には「ウェルッシュ・コーギ・ペンブロークは牛追いの使役犬であり、作業中の牛に踏まれてのけがを防ぐために断尾が行われるようになった」と書かれています。

コーギーでなくとも、断尾する犬種は他にも多く存在します。皆さんがよく知る種類で例えを挙げるならば、ドーベルマン、ボクサー、ヨークシャテリア、プードル、ミニピンなど。

犬には昔、用途にあったスタイルがありました。外見的なカッコよさではなく、犬に与えた仕事に応じて適したスタイル、それが断尾であったり断耳であったりしたのです。

ウェルシュ・コーギーを飼いたい!と思う方の大多数は尻尾の無いスタイルをご希望されるかもしれません。

Cimg1515_1 うちで飼っているラビというコーギー、この子は尻尾を切らずに自然なスタイルを残しました。うちで生れるコーギーの赤ちゃんは、事前に予約が無い限りは断尾します。

Cimg1510 あまり見かけない尻尾のあるコーギーのサンプルとして、うちのラビの画像を添付します。

ただいま、ウェルシュ・コーギーの6月11日生れの赤ちゃん8匹兄弟がすくすく育っています。両親犬は当舎所有で、ご希望であれば親をご覧になれます。

Cimg1482 Cimg1490 画像は生後一週間目のもので、これで全員ではありませんが参考画像としてとりあえず二枚アップしてみました。

今は目も開いて、よっちよっちし始めました。☆この子達は全員断尾しています。

コーギーを飼いたい!と思われている皆様、健康で可愛い子犬なら当店へお任せください。お渡し前の動物病院での健診、ワクチン接種を済ませた健康な子犬で保証もバッチリです。

その他、ポメラニアン、ヨークシャテリア、ビーグル、チワワの子犬も生れています!

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

|

« 初ブログ。 | トップページ | ヨークシャ・テリアの赤ちゃん予約受付中。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122374/2387524

この記事へのトラックバック一覧です: うちのラビ。:

« 初ブログ。 | トップページ | ヨークシャ・テリアの赤ちゃん予約受付中。 »